春の定番トレンド(言語矛盾?)にもなりつつある、マリン。今春もメンズ、レディスともにネイヴィー&ホワイト&赤&ゴールド、ストライプ柄、舵輪柄、イルカ柄、星柄(なぜかマリンなのですね)などのマリンモチーフが目につく。

マリンといえば、神戸ファッション美術館に、知られざるマリンコレクションがあることはご存知ですか?(たぶん、ほとんど知られていない)Photo

一般には公開されてないのですが、神戸市が多額の資金を投じて集めたという、世界中の海軍の制服のコレクションなのです。昨秋、学芸員に頼んで、倉庫を見せてもらったのですが、「え?こんな国に海軍があるの?」という国の制服まで見事に揃っていて、圧巻でした。

Photo_2 とりわけ驚いたのは、スイスやオマーン、トルコなど、海軍との連想がにわかに結びつかない国の制服です。ドイツやイギリスの海軍は、なるほど、紳士服がとりいれるだけあって、ふつうに軍服としてかっこいいのですね。が、オマーンやトルコの制服は……なんというか・・・・・・王子様系なのです。肩のモールがこれでもかと派手だったり、やたら装飾がべたべたついていたり。「海軍のコスプレ」感をデフォルメしたような感じでしょうか。 たぶん、式典などで存在感をアピールするための制服なんだと思うのですが、とにかく、ゴージャスであったり、キッチュであったりで、おもしろいPhoto_3 のです。

で、ファッション美術館には、数十か国(もっとあったかも。うろ覚えですみません)の国の海軍の、さまざまな制服が(女性用も!)、靴や帽子、肩章、階級章、ワッペン、ボタン、カフスなどの細部にいたるまで、みごとにPhoto_6 コレクションしてあるのです。本物のマリンですよ(笑)? マリン好きな人に、ぜひ見せたPhoto_4 い。これ、どこかでささやかに公開する機会があればよいのにと思っているのですが・・・。

(写真もいくつか撮ってきましたが、アップロードがうまくいきません。オリジナルの写真を縮小すればよいようなのですが、その方法がわからず、サポートでもそこまでは教えてもらえませんでした。いつか問題がクリアできる日がきたら、写真を載せます。)

4 返信
  1. AW
    AW says:

    はじめまして。愛読者の一人です。画像のサイズの変更でお困りでしょうか。Windowsならば標準的に備わっている「ペイント」で画像ファイルを開き,変形→伸縮と傾きを選んで,水平方向と垂直方向の比率を適当に設定(例えば50ずつ)にするとサイズが変わります。ファイル→名前をつけて保存で,別名で保存して終わりです。

    返信
  2. 中野香織
    中野香織 says:

    AWさん、ご教示ありがとうございます! ご指示のようにやってみたら、なんとか画像が添付できました。感激です。あんまりにも初歩的なことなので(当然、知っているべき事項ということで)これまでサポートの方も教えてくださらなかったのでしょうか…。ともあれ、懸案が解決してうれしいです。心から感謝します。どうぞよい一日を。

    返信
  3. AW
    AW says:

    お役に立ててうれしいです。私は京都に住んでおりますが神戸が大好きでよく行きます。ファッション美術館にも行ったことがありますが,マリンコレクションの写真をとても興味深く拝見させていただきました。ご存知かもしれませんが,神戸元町商店街には「わが国唯一の海員制服専門店アリマ」というのがあります。私は入ったことはありませんが。

    返信
  4. 中野香織
    中野香織 says:

    写真がへたですみません。実物はもっと迫力あるんです。ずらーっと制服が並ぶ光景も壮観でした。「海員制服専門店アリマ」という店があるなんてはじめて知りました。教えていただき、ありがとうございます。次回神戸に行く時に、チェックしにいきます。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です