英「インデペンデント」紙の記事。イギリスのメンズグルーミングのトレンドは、ベッカム的な自己耽溺系グルーミングから、控え目な洗練へと変わりつつあるとのこと。

このトレンドに寄与しているのが、BBCのビジネスエディター、ロバート・ペストン氏。

どんな方かな?と思ってBBCのウェブサイトを拝見したら、なるほど、メトロセクシュアル的なまばゆい感がかけらもない印象。とくにイケメンというわけではないけれど、頭良さそう、でも出過ぎるような感じもなく、穏やかで、万人に好印象を与えそうな人である。

髪は黒く、1:9ぐらいの横わけ(?)で、整髪剤不要のローメンテナンスでOKといった感じ。この髪形がいま「ザ・ペスト」と呼ばれて模倣されているらしい。

この髪をつくっているのは、デイヴィッド・バロンという「バロンズ・ヘアドレッシング」サロンのオーナーで、カットも30ポンド(5000円強?)とつつましいお値段(ちなみにベッカムのヘアはその10倍の費用がかかっているとうわさされている)。

不況期にはこんなお堅めな、費用もエネルギーもかからないヘアに人気が移るということもあるだろうが、やはりロバート・ペストンその人の魅力が大きいようだ。

ペストン氏は、2007年、ノーザンロックの資金難をスクープして以来、BBCで経済危機の問題を報じ続けて、知名度を上げている。49歳である。

「テレグラフ」ではペストンのヒューマンな側面を伝えるQ&Aが載っていた。これがまた愛とユーモアに満ちていて、すっかりこの人のファンになりかけた(笑)。いくつか抜粋します。

Q「あなたが信じていることを挙げてください」

A「人は本質的に善であること。人は誰もが自分自身をもっともよく生かす機会に値すること。人生には試験に通るよりもはるかに大切なことがあること。サッカーはほんとうに美しいということ。あやうくホールマークのカードに格言を書きそうになっていること」

Q「オンラインでの最大の発見は何でしたか?」

A「オンラインのスーパーマーケットでの買い物。というのもスーパーマーケットで買い物をするのが嫌いだから」

Q「過大評価されているのではないかと思う有名人は誰?」

A「みな、すばらしい仕事をしています」

Q「あなたにとって、<愛>の定義は?」

A「妻に対して抱いている感情」

Q「後世、どのような人として記憶されたいですか?」

A「まあまあいい父親(an OK dad)、として」

経済問題が重要問題であり続けるかぎり、ペストン氏の登場シーンはますます増えるのだろうなあ。たかが男の髪型ひとつ、不況と無関係ではありえない。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です