マーティン・デイリー、マーゴ・ウィルソン著、長谷川眞理子・長谷川寿一訳の『人が人を殺すとき』を読む。1999年の本。進化生物学から殺人の動機を解明しようとした大著。

第6章の「殺しの動機は口論と名誉」に考えさせられる。人が人を殺す動機は、「よほど深刻でやむにやまれぬ理由のため」と思いこんでいたのだが、実はそうでもないことがわかってガーンときた。男が男を殺す動機でいちばん多いのは「ささいな口論」で「メンツをつぶされた」ため――。

そ、そんなくだらない理由でっ!

でもたしかに、紳士の伝統、決闘がまさにそれ。「名誉を汚された」ってつまり「メンツをつぶされた」。

自分の名誉を汚すものの生存を許さない。常に他人と比較し、自分より前へ出るものの存在を許さない。

この種の殺人が、近年、減少しているのだという。

身体を大きく立派に見せるスーツが廃れ、メンズファッションがフェミニンな方向へ向かっていることと、この種のマチスモの衰退は、無関係ではないように見える。より詳しいことは、携帯サイトの連載に書きます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です