文体なんてひとそれぞれなので、どんなものがあってもいいと思うのだが、反射的に「気持ちわるい」と感じてしまう、ということばとか書き方が、正直言って、ある。

「生き様」(うわー書いちゃった)ということばは、絶対に活字では使わないことにしている。

それから、前文を受けて、「そう、・・・・・・なのだ。」ともっともらしく続ける書き方もダメかもしれない。なにが、「そう、」なのか、陶然と納得しないでくれ、と心の中で反発している自分がいる。数箇所これが続くと、どんなすばらしいことが書いてあっても、どこか興ざめしてしまう。

しかし、10年ほど前に書いた自分の本を見たら、とくとくとこういう書き方をしているところを発見して、本を破り捨てたくなるほど恥ずかしくなった。やっぱり若気の至りというか指の勢いというか、無意識のノリのような形で、やっちゃうのである。もう二度と書きません、と心に誓う。他人から見たら「ダメ」な表現はまだまだたくさんありそうである。文筆業は(ほかの多くの仕事と同じように)、終わることのない修行である。明日が少しはマシになっていますように。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です