日医工主催の全国特約店社長会で講演@富山名鉄ホテル。全国の医薬品会社の社長さん方50人近くを前に、現在のファッションが経済や時代からどんな影響を受けているのかという話をする。おそろしく場違いな気もしたが、それもこれも日医工の社長、田村友一氏が高校の同期というご縁。人のご縁はいつどこでどのような形でつながってくるのか、予想もつかない。

拙い私の話のあとは、「竹内照雄先生」のお話。壇上に現れたのは・・・立川志の輔さんであった。「竹内照雄」は志の輔さんの本名である。会議のパンフにも会場のどこにも、志の輔さんの名前なんて書いてない。ゲストにうれしいサプライズを贈りたい、という日医工の配慮であった。

実はかぶりつきで落語を聞いたのははじめてのこと。一秒たりとも聴衆の気をそらさず、話にぐいぐい引き込んで想像をかきたて、笑わせる志の輔さんの話芸に圧倒される。映像や音響や大道具など余分な背景をぎりぎりまで削ぎおとして話だけで勝負するのが落語の芸、と聞いて背筋が伸びる思いがする。終了後、講師控室でごあいさつをし、色紙をPhoto_2 書いてもらう。あれだけの迫力の芸のあとで、膨大なエネルギーを消耗された様子がよくわかる。比べられるレベルではまったくないが、ビジュアルなしの文章だけでファッションを想像してもらおうと試みたこともある私などは、まだまだ努力も工夫も覚悟もぜんぜん足りない。足りなすぎることをひしひしと実感する。帰ってから志の輔さんの本やDVDを注文、しばらく落語にはまりそうである。

その後、懇親会。終了したばかりの「日医工カップ」に参加していた女子プロゴルファーも加わり、華やかな雰囲気。タレントと見まがうような若い美人女子プロがこんなに大勢いることにも驚く。途中、マジシャンも登壇して、観客を巻き込んでのスリリングなマジックを堪能する。とても得難く楽しい経験をさせていただいた。きめこまかくご配慮いただいた日医工の社員のみなさまはじめ、出会った多くの方々に感謝します。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です