「サライ」編集部スタッフがお見えになり、「贈り物特集」の取材を受ける。話しながら気づいたのだが、私は贈り物マニアであった。人にモノを贈るのが大好き。贈られるのも好き。

モノそのものではなく、贈答を通じて関係を築いたり確かめたりするのが、楽しいのである。神戸の畏友アケミちゃん(最近神戸から引っ越したが、依然私の気持ちの中では「コウベのアケミちゃん」)をはじめ、「贈り物達人」と呼べる友人にも恵まれた(上のタイトルは、締め切り続きでカリカリしていたときに、絶妙のタイミングでアケミちゃんが贈ってくれたユニクロTシャツに書かれていた文字)。高価なものが必ずしも良い贈り物というわけじゃなく、いかに相手を笑わせるか。「あなたを、見ている」ことを示して心をほぐすか。距離を縮めるか。贈答エピソードを通じて学んだことを語りだしたら止まらなくなるほどだったが、「サライ」的にはかなり異質なモノが出てくる話であったらしい。どんな記事になるのか、コワさと期待が半々。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です