2009年も終わり。一年は早いようで、でも一年前には予想もしなかったいろんなことがぎっしりとあった。思い通りにいかなかったり力不足を痛感したりと落ち込みも多々あったが、反面、楽しい仕事にもぼちぼちと恵まれて、ぎりぎりの綱渡りの連続ながらなんとかやってこれたことにほっとしている。ピンチの時に、スマートに支えてくれた友人、親戚、ご近所の皆さま、仕事仲間に心から感謝します。拙著を読んでくださった読者の皆様にも、あらためてお礼申し上げます。ちょっとは「時間の無駄づかいにはならなかった」と思っていただけるような言葉の世界をお届けできるよう、引き続き、試行錯誤を重ねつつ努力していきたいと思います。学生のみなさん、拙い講義を一生懸命聴いてくださって、ありがとう。たまには本も読んで語彙力と想像力を鍛えてね。

月並みだけど、個人的に、今年もっとも強く印象に残ったもの、思いうかんだままに。

映画・・・・・・「スラムドッグ&ミリオネア」

コスメ・・・・・ゲランのルージュG No.65、サンローランのルージュ・ヴォリュプテ NO.9

シャンパーニュ・・・ペリエ=ジュエ ベルエポック

本・・・・・・・開高健『人とこの世界』(ちくま文庫)

レストラン・・・・・・パークハイアット「梢」

仕事・・・・・・「ヴォーグニッポン」でのマンガ&モード特集(その後アキバで初のファッションシンポジウムが開かれるなど、余波が驚くほど大きかった)

講演・・・・・・「コカ・コーラ」の魚谷会長のお話、立川志の輔さんのサプライズ「講演」@日医工会議

アート・・・・・BUNKAMURA での「だまし絵展」、京都国立近代美術館での「ラグジュアリー展」

靴・・・・・・・ナイキのエアクッション内蔵の「コールハーン」のピンクのハイヒール

お洋服・・・・アシダジュンのスタンドカラーのワンピース、Tibiのシルクジャージーのハデ柄ワンピース、ポール&ジョーのシルクワンピース

ほかにもいろいろ、出会った人・もの・こと、ひとつひとつがそれぞれに大なり小なり豊かな余韻を残してくれた。作り手やサービス提供者の思いを丁寧に受けとめられるよう、来年も心身の健康を保って五感をできるだけクリアにしておかねば、と思う。

ではみなさま、よい年をお迎えください。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です