◇「フラウ」2月号発売です。連載「ドルチェを待ちながら」で、最近、海外メディアに登場しているワード、「ラグジュアリー・シェイム(贅沢は恥)」に触れています。機会がありましたらご笑覧ください。

◇メンズモードの春夏のトレンドとしてカーディガンが浮上、という「フィナンシャルタイムズ」の記事(1月8日付)。ダブルブレストであったり、ショウルカラーがついたタキシード風味の味付けをしてあったりするフォーマルなカーディガンを、フェラガモ、ダンヒル、ポール・スミスなどのブランドが出しているとのことである。

模範とすべきモデルは、カッタウエイカラーのシャツにタイをあわせた濃紺(黒?)カーディガン姿で現れたダニエル・クレイグ。一方、同じアイテムでも茶色を選んだデイヴィッド・ベッカムは揶揄の嵐に見舞われた。カーディガンであっても引退感・窓際感を表現してはいけないということですかね。現役ばりばり感あふれる、21世紀型カーディガン。日本までこの流れは押し寄せるのかどうか。

2 返信
  1. hula_hula
    hula_hula says:

    はじめまして!
    茶色のカーディガンといえば、イギリス映画「ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日」で「お父さんはいつも茶色のカーディガンを着ている」と娘がバカにしていました。ださいオヤジの象徴のようなアイテムなんですね。
    同じグリンダ・チャーダ監督の「ベッカムに恋して」からはもうずいぶん時が流れましたね…。
    どピンクのカーディガンを着る若い男の子は目に付きますが、スタイリッシュな大人の男のカーディガンってあまり見ないですね。スタイリッシュな大人の男自体があまりいないからでしょうか…。

    返信
  2. nakanokaori
    nakanokaori says:

    コメントありがとうございます。
    カーディガンはアンコン(芯地などで形を作っていない)服なので、着る人の地の体型がかっこよくないとフォーマルに着るのが難しい…っていうところもありますよね。そりゃあジェイムズ・ボンドなら何着てもスタイリッシュでしょうよ、と日本の男性になりかわって一言つぶやきたくなったのでしたが(笑)。
    でもタキシード風カーディガン、ダブルのカーディガン、どんなものだか、ぜひ実物を見てみたいと興味しんしんです。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です