DVDで「ズーランダー」観る。なんでもっと早く観ておかなかったのか!!!と強烈に後悔したほどの痛快な面白さ。メンズモデル界のばかっぽさと能天気な楽しさとが、愛情と皮肉をたっぷりまぶして描かれていて、爆笑しつつ、しみじみ笑い泣きさせられました。ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン、ウィル・フェレルと好きなコメディアン大集合。

不況期の80年代ブーム(不況なのに好況期に登場したものが流行する)って、コンプライアンス(社会的要請への適応=全方向にいい顔をしなくてはならない)の時代の象徴かと思っていたのだが、そうではなくて、あの名曲「リラックス」に集約されるものだったのかもしれない、という気づきもあり。ファッション界って、ほんとうにくだらないところもあるが、その軽さなくしてファッションの魅力はないこともあらためて実感する。

10年ほど前の映画で、当時の有名人がぞろぞろとカメオ出演している。トム・フォードもいるしヴィクトリア・ベッカムも。一方、「あの人は今?」の人もちらほら。クリスチャン・スレーターはあまり話題作で見かけなくなったが。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です