『恋するベーカリー』。原題は"It’s Complicated"。ややこしくて、ほろ苦い話のはずなんだけど、危なかったり下品だったりするネタもまじえつつ、2時間ずっと軽やかに笑わせて、幸せな気持ちで帰してくれる。大人の芸当だなあ。

メリル・ストリープが60歳のラブコメヒロイン、ベッドシーンつき。たしかこの方が「マディソン郡の橋」で40歳のヒロインをやったとき、物議をかもしていた記憶がある。見苦しい、というようなヒハンも多かった。時代は変わって、40歳で現役は当たり前の世の中になり、60歳にして「マディソン郡」以上の生々しい恋愛模様である。アレック・ボールドウィンのメタボ+体毛もじゃもじゃの体型がコミカルな味を出していたのが、救いだったかもしれない。あと20年すれば80歳のラブコメヒロインだって出てくるんだろうか。メリル・ストリープが健在ならば、夢物語ではないようにも思えてくる。タイトルにした「年齢も魅力のひとつ」はスティーブ・マーチンがメリル・ストリープをほめて言ったセリフ(厳格に正確ではないかも)。

長女のフィアンセ役の、ジョン・クラシンスキーがとてもよかった。役者としていい、ということもあるが、なんといっても役柄がいい。映画の中でいちばん印象に残ったキャラである。家族の一員として、ああいう娘婿がいてくれると、安心だろうなあ、いてほしいなあと思わせる。お嬢さんをもつ友人が、いつも若い男性を「娘婿としてどうか?」という観点で見ていることを思い出した(笑)。娘婿として頼もしいこと。これからの男性に求められる資質のひとつかもしれん・・・。

2 返信
  1. たけい
    たけい says:

    すべてが完璧過ぎるメリルストリープが
    後20年後にキャサリンヘプッバーンの
    ように賛辞を得られるかどうかは微妙な
    感じがしますね。あの「黄昏」のような
    ヘップバーンの味が出せるかどうか。
    自他ともに認める演技派に必要なのは
    欠落しているものを技で埋めるのでは、
    ないような気がします。
    偉そうにコメントしてすいません。
    でも、本当のところファンなんですよ。

    返信
  2. nakanokaori
    nakanokaori says:

    >たけいさん
    コメントありがとうございます。
    あと20年後の評価、世の中がどうなっているかということとも、きっと関わってきますね。楽しみに見守りたいです。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です