明日必要になる長男のスーツを買いに、とりあえず「すぐ着られる」服が買えそうな「洋服の青山」へ行く。デッドラインが近づいてやっと行動を起こすという習性はどうにかせんと、と思いながら相変わらずである。

スーツ関連の記事をこれまで多々書いておきながら、量販店でスーツを買うのは初めての経験である。今までの取材はすべて、オーダーメイドの仕立屋さんであった。個人の名前を掲げて作っている店のほうが、(広報マニュアルに沿った言葉ではなく)本人の言葉でのお話を聞きやすかったためである。でも日本でスーツを着て仕事をする人の大半は、こういう量販既製服店チェーンを利用しているのだ。

デビュースーツだし、ほどほどのものでいいだろう、とあまり期待しないでいたのだが、予想外のいい服地のラインもあって、選択肢が多い。驚いたのは、店員である。売り方がほんとうにうまい。本人と、スポンサー(私ね)の一瞬の表情の変化におそろしいほど的確に反応して、ピタっとはまるものを次々に提案していく。結局、「2着めはスーツでもコートでも1000円」という戦略にものせられ(→じゃあ、スーツは高くてもコートを1000円で買えば割安か・・・)高級ラインのスーツとスプリングコートをとりあえず買う。

その後、「スーツをお買い上げのお客様には靴が3000円引き」にものせられ(→他店で買おうと思っていたけどここで間に合うならいいか・・・)。

ついでに「バッグも半額に」に便乗させられ(スーツにリュックで行くわけにもいかないしな…)。

最後は「食らわば皿まで」の勢いで、「ベルトとネクタイとワイシャツ3点で10000円」までもっていかれる。

やられたなあ。散財させられた気もするが、しかし、ほかで買いまわる予定が、一店ですんだので効率的な買い物ができたともいえる。

それにしても、店員の売り方が、絶妙にうまかった。強引に売りつけるわけでもなく、似合わないものにはダメ出しをきちんとするし、終始、誠実につきあってくれて、ソンしたとはけっして思わせない。

帰り際に名刺をもらったら、肩書きの下に「ファッション販売2級」と書いてあった。販売員に級があるということもはじめて知った。「まる一日かかる試験で、けっこう厳しいんですよ」と販売員は話してくれた。服をめぐる世界は、ほんとうに奥深く、幅広い。

2 返信
  1. Kiichiro
    Kiichiro says:

    所謂、スーツ量販店でも価格の高いレンジのモノは結構、生地とか縫製など良いと思いますよ。うまく体型があればお徳です。
    ただ、毎年思うのですがこの次期大量に見る新入社員の方々、もっとスーツをちゃんと着こなせー!と思ってしまいますね(笑)。あと自分の年代(40代)からすると細身のスーツは受け入れらないです・・・

    返信
  2. nakanokaori
    nakanokaori says:

    >Kiichiro様
    そうなんです、量販店を見直しました。同じ服地で、オーダーメイドだと2倍以上の価格だ…というものがけっこうありました。体型しだいですね。
    この季節のぎこちないスーツ姿、初々しくてけっこう好きですよ(笑)。着こなしも仕事も、ちょっとずつ上手になっていってね!と応援したくなります。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です