韓国映画「シークレット」、8月の公開に先駆けて一足先に見る機会をいただく。

監督・脚本がユン・ジェグ、出演が、チャ・スンウォン、ソン・ユナ、リュ・スンニョン、キム・イングウォンほか。

組織のナンバー2が惨殺された現場に向かった敏腕刑事が、そこに妻の痕跡をいくつも発見する。グラスについたピンクバイオレットの口紅、片方だけのイヤリング、上着のボタン…。必死に痕跡を隠そうとする刑事は、過去に不倫のあげく子供を事故で死なせたことがあり、妻に対して心の負い目を追っていた。

話が進めば進むほど謎が謎をよび、緊迫感のあるアクションがとぎれず続く。

最後にようやくひと段落、とほっとしたところで、「えーっ!?」と思わぬどんでん返しがあり、さらに続いて「ええーっ!?」と謎明かしがあって、これまでの伏線がすべて「ああ、あれはそういうことだったのか」とつながっていく。

全編熱くて濃い感情がどろどろに渦巻いているのに、二度どんでん返しが続くラストがクールで、ヒヤリとした感覚を残す。巧い。やられた、という感じ。衣装もスタイリッシュで、とりわけ組織のボス、ジャッカル役のリュ・スンニョンが着る「ザ・組織のボス」の衣装がいかれていて(←ホメ)、スンニョンのキレた演技を引き立て、強い印象を残す。

Photo_11

『シークレット』

8月21日(土)よりシネマスクエアとうきゅう他全国ロードショー

(c) 2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved

■配給:CJ Entertainment Japan

■PG-12

公式HPhttp://www.secret-movie.jp/

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です