◇「25ans」2月号発売です。ケイト・ミドルトン特集で、ロイヤルラブの軌跡とファッション効果などについてエッセイを書いています。機会がありましたらご笑覧ください。

◇ジュン・アシダ広報誌「JA」No.95発刊になりました。今年の「ラグジュアリー会議」のテーマ、「ヘリテイジ・ラグジュアリー」についてエッセイを書いています。機会がありましたらご笑覧ください。

◇中国のファッション誌「端麗服飾美容」連載2月号用として、編集者からいただいたお題が「バレンタインデーに着たいファッション」。「かわいい服を着たいです!」と言われてもなあ……と考えあぐねて行き着いたヒントが、「男性に嫌われる服」。なんと英語には、Man Repeller (男を拒絶する服を着る人)という新語も生まれていたことを発見。詳しくは「端麗」2月号に。中国出張の機会などありましたら、ご笑覧ください。

中国でも、バレンタインデーには、西洋と同じように、男性からも女性からも愛の証としてプレゼントを贈り合ったりすることが定着しつつあるとのこと。バラの花束を抱えたカップルがレストランでディナー、という光景も珍しくないそうである。

日本では「友チョコ」「自分チョコ」の日になるほど、チョコの消費量が増える日になっているのは、仕掛けた製菓会社にとってはうれしいことだろうが、チョコ消費の量と異性間の愛の濃度は反比例する結果になっているような……。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です