◇「サライ」5月号発売です。連載「紳士のものえらび」で、高橋洋服店のスリーピーススーツについて書いています。機会がありましたらご笑覧ください。

今月号の「サライ」の特集は、日本全国花めぐりの旅。付録には木下杢太郎画の花暦12か月の絵葉書セット。たくさんの花の写真や絵のなかでも最高だった「花」は、90歳を過ぎて詩人としてデビューした、柴田トヨさん。

「(この6月で)そう、100歳。花が咲いたんですよ、この年で。詩をつくることも、私の詩集が世に出ることも、考えてもみなかったことです。倅のおかげですね。これまでは自分の年も数えたこともないくらい、夢中で歩いてきました。苦労もたくさんしてきました。でもねえ、長く生きると、それはみんないい思い出になりますね。あと何年もないんですから、一日一日を楽しく生きていきますよ」

毎朝、おつくり(化粧)をするというトヨさんの笑顔。たとえつらいときがあっても、夢中で生き続けていれば、こんな笑顔になれる日が来るかもしれない、という希望を与えてくれる、花のような笑顔。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です