ニューヨークの朝の通勤風景からピックアップされたメンズストリートファッション。半信半疑ながら(笑)、眼福もの。「ニューヨークタイムズ」。

http://www.nytimes.com/imagepages/2011/06/19/fashion/19STREET.html?ref=fashion

ドメニコ・スパーノ氏のサービス精神が楽しい。色彩の組み合わせが美しいばかりでなく、ツートンカラーの靴、帽子にひげにポケットチーフ、首元はボウタイ、どどめが生花のブートニエール。やはりただものではなく、バーグドルフやサックスのメンズカスタム部門の責任者を務めた後、いまウエスト57thストリートに自分の店を持っていらっしゃる、とのこと。

赤い自転車をもって「歩く」、さっそうとしたビジネスマン。これは移動手段かアクセサリーか?という記者のツッコミに共感の笑い。

若い世代のさりげない通勤スタイルも、なかなか。

こうやってストリートスナップにおさまるのは、ごくごく一部の、限定的な職種のファッショナブルな方々だけであろうと思うが、「他人の目をもてなそう」としている装いの男性(女性もだが)と朝あいさつを交わせば、一日気分よく仕事ができそうな気がしてくる。ニューヨークのこの時期とちがって、湿度高くムシ暑い日本ではその難しさもひとしおではあるが。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です