uomo 11月号発売です。「スクリーンに見る男の『やさしさ』と『強さ』」について2ページにわたって「語って」おります。好きな映画に出てくるいい男たちの話をしゃべりつくし。機会がありましたらご笑覧ください。

「強くやさしい男」といってもそれこそバラエティに富み、マニアックなのも実はけっこう挙げたのですが(「セクレタリー」のジェームズ・スペイダーとか、「第九地区」のエイリアンになる男とか、「ラブ・アクチュアリー」の失恋男とか)、さすがに今回は載せきれなかったというか却下されたというか(笑)、それだけが心残り。

とりとめなく終わらない話をコンパクトにをまとめてくださったライターのオダシマさん、聞き上手の副編フクダさん、きれいな写真をちりばめて素敵なページにしてくださったカイヌマくん、ありがとう~!

表紙の吉川晃司、いい感じ。なにがいいのかと思ったら、白髪を染めないグレーヘアね。ボタン開けして着たシャツに、白いランヴァンのコートを羽織ってちょっと流し目。ラフでパンキッシュなグレーヘアがとても効いている。若作りはしないけど、老けもしない、っていうこの自然で自由なスタンス、とてもセクシーだと思います。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です