朝日新聞20日付、「レイルウェイズ」に出演する三浦友和さんのインタビュー記事より抜粋。

[E:clover]仕事がないときに支えになったのは、「うまくいかないときこそ、きちんと生きなくては」という強い思い。逆に、多くの映画や本に触れることができる時間にもなった。85年公開の映画「台風クラブ」で、無責任な中学の教師役を好演し、個性的な役が舞い込むようになる。「いまになればわかるんですが、俳優にはいろいろな役回りがあり、それをまっとうすることが大切なんです」[E:clover]

俳優でなくても。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です