中国の「端麗時尚先鋒」(「グラマラス」と提携)からの依頼で、ギーク(おたく)・シックについて書く。最初は「え??」と思ったのだが、調べてみると出るわ出るわ、ギーク・シックがこれからはちょっとしたトレンドになるかもしれない、とまで思えてきた。

スティーブ・ジョブズのVonRosenのカシミアの黒タートルセーター。やはりジョブズのLunor Classic Rund PPのメガネ。オタクを主人公にしたテレビドラマの人気。ジャスティン・ティンバーレイクらセレブの「コスプレとしてのギーク」。ディオール、シャネルのみならず、H&Mのギーク風味のコレクションやルック。そしてほかならぬデザイナー自身(マーク・ジェイコブズ、マイケル・コース、ゴルチエ、アレキサンダー・ワンなどなど)がギークであること。などなどを時代の空気のなかに関係付けて書いてみた。なかなか刺激的なお題でありました。感謝(こういう難題を出してくれる編集者がいてこそ、鍛えられるもの)。中国にご出張の機会がありましたら、ご笑覧ください。

Lunor

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です