目も心もアタマも喜ばせてもらった豪華なビジュアル本。Hal Rubensteinの’100 Unforgettable Dresses’。 時をつかんだ100のドレスが、エピソードつきで紹介される。アルベール・エルバスのイントロつき。

エリザベス・ハーレイのヴェルサーチェ<安全ピン>ドレス。チャールズ皇太子不倫告白の日にダイアナ妃が着た、クリスティーナ・スタンボリオンによる<復讐>ドレス。シェールが話題をさらったスケスケドレス。夫だったライアン・フィリップの浮気が発覚したときにリース・ウィザースプーンが着た黄色いニナリッチの<ライアンって誰?>ドレス。トム・クルーズと結婚したばかりのころにニコール・キッドマンがオスカー授賞式で着た、ディオールのシノワズリのドレス。それぞれのドレスからその時代の熱気が立ち上ってくるよう。

彼女たちはまた、「この一着」を転機に、自分を解放し、運気を上げていくのである。女が意志をもって一着のドレスを選び、怖れず、静かな自信をもって着こなして見せるとき、そのドレスはドラマを作り、時代の空気をつかんでタイムレスになる。溜息ものの一冊。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です