デイヴィッド・ベッカムの下着広告写真なら、すでにアルマーニで見慣れているけれど。

今度はH&M。しかも自分自身で(ヴィクトリアの協力つきで)デザインしたという下着コレクションを、ご自身がモデルとなって披露。2月2日から発売されるとのこと。

気になるのは、下着のデザインそのものよりもむしろ、かなりの広範囲に彫りこまれたタトゥー。日本に来ても温泉には決して入れないだろうベッカム。イギリスでは日本ほど抵抗はないらしいとはいえ。

日本でもこの広告写真を使うんだろうか。で、苦情なんて来ないんだろうか。倫理の枠をとっぱらってこそもてはやされるファッション業界、モンダイなんてないのだろうか。日本での反応はどうなるんだろう、興味しんしん。

Becks_for_hm

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です