「ミセス」2月号、本日発売。「代謝を上げる」特集で、3日間の食事メモを公開しています。……って、中野香織が何を食べたか(飲んだか)なんて誰もキョウミないですな。

◇「an an」1・11号「特集 女の快感研究」。多種多様のいまどき妄想ワード&快感・NGワードの数々が面白かった。

「キャバ嬢に学ぶ男の快感キーワード」。キャバ嬢の「客をつなぎとめておく」テクニックの一端が明かされる。

「『そういえばこの間の……』と続きから入ると、『俺のこと気にかけている!」と感動するみたい」。

「ラフな会話で距離を縮めてからの私のキラーフレーズは『初めて本音で話せた気がする』。あちこちの男に言っているんだけど(笑)。全然バレない」。

というか、男性はそのように「だまされて」いることを織り込み済みでゲームを楽しんでいるのだろうと思う。女の方も、たぶん、そのあたりをわかって演じている。(ホストと女性客、みたいな男女逆パターンもアリ。本気になっちゃって「だまされて」しまうことも、ままあるかもしれないけれど。)男女間の「粋」を学ぶという点においては、江戸時代の遊郭のカジュアル版なのかな。

こうして「一般論」(?)が普及すればするほど、一般論を無効にする圏外にいる、文字通りの「本音」で話せる人を探したくなってくるというパラドクス。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です