朝日のオピニオン欄、興味をそそられる人の登場が続く。18日付、経済学者ダニエル・コーエンのインタビュー、「経済成長という麻薬」。

人はどんなときに「幸せ」「快感」を感じるのか、という問題について、ユニークな一つの見解を示してもらったことが収穫だった。

「快感は成長が加速する時に得られるだけだ。(中略)人を幸せな気分にするのは成長であって、豊かさそのものではない。到達点がどこかは重要ではない。重要なのは、『もっと、もっと』という感覚だ」

「だから、大きな幸福感を得るときというのは、大変残念ながら日本も経験したように、すべてを破壊する戦争などのあとだ。とても大きな苦しみの後、30年にわたって幸せを感じることができる」

中国に活気があるのも、同じ理由から、と。

経済成長という、中毒症状を起こす麻薬のようなものから抜け出すには?

「自分たちの欲望を操っている法則を理解し、行動しなければならない。ただ残念ながら、人間がそうした法則を理解するのはいつも時代が次に移ってからだ」

経済成長が無理なら、代替を探さねばならないわけだが。

「たとえば知識の成長だったり、医療の成長だったり……。いずれにしても物質的ではない成長だ」

経済成長そのものが麻薬的な快楽であって、それがムリとわかっていても求めてしまうのは禁断症状。…ってなかなか過激な見方。これに代わる「もっともっと」という成長を、国家レベルでも個人レベルでも探さなくてはいけない時代にきているようだ。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です