もう一冊、買ってしまったハウツーの類。

Phineas Mollod & Jason Tesauro, The Modern Gentleman, 2nd ed.  A Guide to Essential Manners, Savvy & Vice.

こっちのほうは、内面的なケイハツばっかりではなく、振るまい一般に関する現代的な助言とか基準みたいなもの。SNSにおける振る舞い方に対する助言まであるあたりが今っぽい。

フラーテーションとセダクションの違いとか、シーツの間における振るまい方とか、元カノとの付き合い方とか、なにもここまで、というような領域にいたるまで、紳士的な振る舞いに関する助言がいたれりつくせり。言葉遊びも多く、ムカシの名作からの引用も的確で、いろんな角度から楽しめる本ではある。

たぶん、この種の助言はかつてならば、近所や親戚のちょい悪おやじが一杯やりながら教えてくれたりしたんだろうけれど、今はそういう付き合いも少なそうだものね。

現代の社交事情が、逆に透けて見える本として興味深い。

この種の本の助言通りに完璧に振るまう紳士がふえれば、世の中はより平和で暮らしやすくなるだろう。でも、完璧な紳士がまったく魅力的ではないのは、いつの世も同じ。だから、この本の素直な読者が増えれば、恋愛したくなるような面白い男はますます減るんではないかな? と妙な心配をしてみたりする。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です