明治大学に信國太志さんをお招きしての「白熱ファッション講座」が、OPENERSで記事になりました。

イギリスの名門ファッションスクール、セントマーチンズは具体的にどのような教育をしているのか。

ファッションが究極にいきつくところはどこなのか。

クリエイティビティとは何か。創造性を高めるためには、日々どんなことを心がけるべきなのか。

デザイナーとテイラーの違いとは。「デザイン」する上でもっとも大切なことは何なのか。

などなど、ファッションをめぐるさまざまな問いに答えるヒントが満ち溢れています。ホントに面白いので、ぜひとも読んでみて。

http://openers.jp/fashion/news/taishinakano.html

 

読み返してみて、あらためて「いいなあ」と思ったところはずいぶんたくさんあるのだけれど、やはり信國さんのこの指摘かな。

[E:club]「気づく」というのは、人になにかを見出したりすることなんですけど、それはすでに自分のなかにあるものなんです。気づく力は共感力です。人のことを自分と同じように思える力というか、そこにおいて「この人は美しいな」と思える力、それが気づく力ですね。[E:club]

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です