現代美術館プレセミナーの後、神戸ブランメル倶楽部東京分会。北海道や西宮からも、男の装いにかけてはツワモノ、という方々が集まり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

会場となったレストランの名前「トラットリア・コンタディーノ」にかけてドレスコードが「田舎者」だったのですが、その解釈がさまざまで。

どまんなかの「正統」カントリー風味もあれば、「田舎者のあんちゃんが粋がっておしゃれすると、紫を着るだろう」ってことで深い紫のジャケットを着ていらした方とか^_^;

V_zone_4

「いまは都会もんよりも田舎者のほうがおしゃれ」ということでフツーに美しく装っていらした方とか。

V_zonw_2

この配色の妙ときたら。

孔雀がぱあっと尾羽を広げたような美しいVゾーンの競演、雄々しい華やかさの限りでした。男性がきちんと装っていると、女も自然に背筋が伸びてきますね。紳士のみなさま、リアルなエレガンスのお見本を見せていただき、ありがとうございました。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です