エイプリル・フールにいただいた、とびきりのプレゼント。「サムライ」という名前のバラで(こんな名前のバラがあることも知らなかった)、サムライ魂にちなんで名づけられたのだそうです。ビロードのような深紅、大輪の花、巻きも美しく、「焼け」もない。香りもうっとりものでした。部屋の「格」が一気に上がる感じ。

41_2

こんな手間のかかった美しい「ウソ」であれば、だまされても後味は悪くない。っていうか、ジョークにしては贅沢すぎるバラのインパクトが強く、たぶん、一生記憶に鮮やかに残るエイプリル・フールになるだろうなあ……。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です