コリン・ジョイス待望の新刊『驚きの英国史』(NHK新書)。

Odorokino_eikokushi
英国史のフシギが、コリン目線で語られる。楽しい~。好きな人にはお勧め。でも基本的な史実をぜんぜん知らないと、ついていけないかもしれない。

たくさんの「そうだったのか!」エピソードがあって、折に触れて読み返したいのだが、とりわけ印象に残るのが、「KEEP CALM AND CARRY ON(落ち着いて行動しましょう)」というポスターをめぐるお話。

このポスターが配布されたのが1939年、第二次世界大戦に突入した年。戦争が始まったからといって、一般の人の生活がすぐに変わるわけでもない。

「悪と真正面から対決するという偉大な勇気より、困難な状況のなかでも日々を丁寧に過ごそうという決意」

「武器をとれという勇ましい号令ではなく、自分の力ではどうにもならない事態のなかでも人々が手にしたいと願うことのできるもの」

そんなこんなの「イギリスらしさ」を象徴する、非常時のこのポスター。

チャーチルがかの名演説「血と労苦と涙と汗」をぶっていたとき、みんながみんな、武器をとって闘うことができたわけじゃない。

そんなときに、このポスターがどれほどはっきりと人々に行動指針を与えたのか、想像に難くない。

これからも「非常時」が襲い来ることが多々あるだろう。そんなときに思い出したいこのポスターの標語。KEEP CALM AND CARRY ON.

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です