この数日の移動やらネイルやらの合間に、遅まきながらDVDで見た映画。「ミッション・インポッシブル ゴーストプロトコール」、Mission_impossible

と「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」。

Shirlock_holms

それぞれに目が離せないほど面白く、見応えもたっぷりで大満足なんだけど。

一晩たってしまうと、同じような映画を2本観たような印象だけが残っている…。超人的なアクションを見せる主人公。彼をサポートする心強い仲間。セクシーでタフな女の相棒。スタイリッシュでスピーディー、ときにユーモラスな荒唐無稽アクションシーン。手ごわすぎる敵。危機一髪で世界を救う主人公とその仲間の活躍。難しいけれど、ちょっとぐらいわからなくったってストーリー展開にはついていける(アクションでごまかしがきくので)程度の謎解き。続編をにおわせるかっこよすぎなエンディング。

これだけCGを使うと、監督の個性も際立ってこないような気もするし。

今の観客に確実にウケル要素というのを凝縮すると、こうなるのかな……?

Shirlock

2 返信
  1. たけい
    たけい says:

    個人的には、映画に重厚なテーマを持った
    作品は、苦手です。そういう意味では、
    「ダークナイト」は、好きになれませんで
    した。ただ中野さんが観られたこの2作品の
    ようにCGに頼った映画作りも飽きてきました。
    「ジェラシックパーク」や「タイタニック」
    でもう充分な気がします。15年近く経って
    いるんだからもう少し違う意味での工夫が
    必要な感じがします。アメリカ映画は少し
    ピンチですね。

    返信
  2. kaori
    kaori says:

    >たけいさん
    こんにちは。お元気でしたか?
    私が観たいな~と思うのは、
    ビリー・ワイルダーのコメディみたいな、
    脚本がしっかり練られた
    ウェルメイドな作品なのですが、
    そういうのが作りにくい土壌になって
    いるのでしょうかね。
    大きな予算の映画じゃなくては
    通常の配給に乗りにくい、というのは
    アメリカも日本も同じみたいですね。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です