火曜、100歳の祖母に会いに行く。毎年、石川県まで日帰りでお墓参りとセットで続けている恒例行事。祖母は耳が少し遠くなったぐらいで、目も記憶もしゃんとしている。しっかりと孫たちやひ孫たちの手をにぎり、来てくれてほんとにありがとう、と手を合わせる姿は後光が差して見える。帰り際にはいつも、姿が見えなくなるまで手を振ってくれている。これで最後かもしれない、でもまた来年も会えるかもしれない、と切なさが押し寄せてくる。子供を7人生み(そのうちの三番目が私の父)、内、3人の娘(わたしの叔母にあたる方々)を自分よりも早くなくしている。働いて働いて、息をつく暇もなく働いて、でも愚痴ひとつ言わず、笑顔で周囲にありがとう、ありがとう、と言い続けている、とても気立てのいい、美しい人。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です