水曜、いつぞや本ブログで紹介した「趣味は妻」のK田くんご夫妻に、レンジローバーで新名所を色々案内してもらう。

まずは砺波市の宮崎ぶどう園。30種類ものみごとな葡萄が低農薬で育てられ、丁寧に扱われて売られている。ひと房ひと房の枝に、枯れないように小さな水さしのようなものがついている。極上のぶどうぞろいだったが、とりわけシャインマスカットは、ハリ感と言い、弾力といい、甘さといい、みずみずしさといい、美しさといい、これまで食べた中でもピカ一ぐらいのおいしさ。なんでも豊かで満ち足りているせいか、宣伝にがつがつしていないのが、富山の人のいいところなのよね。

Miyazaki_budo_5

そしてK田君が小矢部市で経営するアンティークショップ、トライフルワークス。彼が直々イギリスで買い付けてきた家具や小物をはじめ、さまざまなイギリス物が倉庫にずらり。なんだかイギリスの郊外にピクニックに来たような錯覚を覚えた。

Trifle_worth
同じ敷地内には、K田君のおじさまが経営していたVOICE MUSEUMも。大正時代の珍しいラジオはじめ、歴史的資料として貴重と思われる音響のアンティークがずらりとそろう。エジソンが初期に録音していた自分の声、という音源まで。おじさま亡き後、だれも手をつけられずほこりまみれになっているのは、かなりもったいない。この貴重な歴史的資料を生かしてくれる名プロデューサー求ム。

Voice_museum

そして実家のすぐ近く、富山市呉羽にできた舞台芸術センターに併設のカフェ、クレオン(呉羽=くれは、だからクレオン?^_^;)。組木細工が目をひく建築は、隈研吾さんによる設計。メニューも豊富で、広大な芝生を眺めつつ、K田くんご夫妻の変わらぬラブラブぶりに癒されながら、白ワインを一杯。愛する人がいて、公然とその人のことを褒め、その人への愛情表現ができるって、なんて素敵なことなんだろう。幸福感のおすそわけをいただき、心がゆるんでいく。

Kureon

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です