日本であまり大ヒットはしなかったけれど、いまだに不思議と強く印象に残っている映画がいくつかある。

そのなかの一つに、「世界でいちばん不運で幸せな私」という日本語のタイトルがついたフランス映画がある。

2003年の映画で、日本公開は2004年。ヤン・サミュエル監督で、主演はマリオン・コティヤールとギョーム・カネ。原題は「子供の遊び」程度の意味だったと思うが、不幸を抱えた幼なじみの二人が、二人だけの「ゲーム」の世界に生きることで、つかの間、二人の世界においては幸福に浸ることができるのね。そのまま二人は大人になるんだけど、ゲームをやめることをせず、最後はゲームのさなかに土に埋もれていくんだけど、そのときの表情がなんとも幸せそうなの。世間的尺度からみるとものすごく不運でばかで、でも、二人の世界においてはこの上なく幸せという。

不運で幸せ。このコンセプトが忘れられない。相矛盾する感覚が同居する絶望と歓喜。世間の同情も忠告もイミをなさない絶対的な聖域。

似たような感覚で私が捕らわれてしまうものに、最低で最高、というのがある。世間の基準に照らせばサイテーのシチュエーションなのに、最高にハッピーという。

ニュアンスはややかけ離れるのだが、高村幸太郎も「最低にして最高の道」という詩を書いていたので、おまけにご紹介。

 もうよさう。ちひさな利慾とちひさな不平と、ちひさなぐちとちひさな怒りと、

 さういううるさいけちなものは、ああ、きれいにもうよさう。

 わたくしごとのいざこざに みにくい皺を縦に寄せて

 この世を地獄に住むのはよさう。

 裸の心で らくらくと、のびのびと、あの空を仰いでわれらは生きよう。

 泣くも笑ふもみんなといっしょに、

 最低にして最高の道を行かう。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です