昨日は「25ans リシェス」の記事のため、芦田淳先生ご夫妻、芦田多恵さんに取材にうかがう。芦田家にて。洋館というか豪邸というか、あまりにも素敵なお宅には俗世間とは別の優雅な時間が流れておりました……。

ご近所の海老蔵さんが、半ズボン姿で赤ちゃんを抱っこベルトで抱き、ふらりと遊びにいらっしゃるというハプニングもあり。芦田先生は、海老蔵さんとは「やんちゃな部分」でとても気があうのだそう。

芦田家のみなさまとはお付き合いが長いものの、こうしてあらためて仕事という形できちんとお話をうかがう機会ははじめてで、考えさせられるお話をたっぷり聞くことができた。

アシダ ジュンは50周年、ミスアシダは20周年を迎える。浮沈の激しいファッション業界にあってこの安定的成長は一種の偉業だと思う。そのヒケツもお話を聞く中で理解できたと思うのだが、くわしいことは次号の「リシェス」にて。

ひとつだけ他の仕事をする人間にもあてはまるヒケツがあるとすれば、規則正しい勤勉。顧客への感謝。思い上がらないこと。かな。どの世界でも、これを地道に守り続けないと、成功なんておぼつかない。華やかな世界だからこそいっそう、地味な努力が必要になるのですね。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です