ルミネの新しい広告。やっぱりこのコピーライター、うまいなあと感心する。

「可愛い女になって、特別な女になって、やさしくなりたい」という新作。

「冷たい風が頬に届く頃、東京の街がそわそわしてくる。それも毎年のことなのに、落ち着かない期待感がわたしを包む。

コートの下に隠したドレス。誰に媚びるでもなく、自分にとってのとっておきを、ちゃんと選べる女でありたい。

そしてあなたに褒めて欲しい。どんなに小さなことでもいいから。独りよがりじゃない自信をつけて、やさしくできるわたしになりたい。」

自立して、きちんと自分をもっているような女であればこその、相反するような内面のかわいらしい思いを素直に表現。拍手です。

今日は午前2時に起きて原稿2本を書き、これから大学の講義を3コマ分こなしたあと、東京コレクションを見て、夜は特別なディナーの予定。あいまにPTAの連絡を回す。われながら、体力がよくもってるなあ…。というか、がんばってもがんばっても追いつかないでボロボロこぼれていくことの方が多い。努力の方向がまちがっているのではないかという気がしている。(たまにはどうでもいいことをつぶやき)

2 返信
  1. アラベスク
    アラベスク says:

    クロワッサン・プレミアム ミニミニフィクション『真夏の夜の嵐』
    うっとりして読ませていただきました。
    二人はけだるさの残る昼下がりを心地よい眠りにつつまれて
    でも彼が目覚めた時、彼女の姿はなくピオニーヴの残り香だけが
    漂っていた…
     
    読後、そんなシーンを想像しておりました。
    そして彼女はやはりNですよね。絶対Nです。
    と、独りよがりに決めつけておりましたが、
    今日、真実が明らかになりました。
    “NAKANO KAORI は眠らない”
    ゆえに“彼女”は N ではなかったです。
    中野様、長い1日お疲れ様でした。
    “007”には、M や Q に続き N も是非登場してほしいです。
    明日は、予約した“007 50周年記念ボトル”を受け取りに行ってきます。
    中野さんのブログでのご紹介でデパートにtelかけまくり予約できましたが
    実物を見るまで不安です。

    返信
  2. kaori
    kaori says:

    >アラベスクさま
    ありがとうございます(#^.^#)
    クロワッサンのフィクションは100%虚構というか妄想ですが、彼女を私だと思っていただけたら成功?
    現実のワタクシはまったく男っ気なしで、「眠らず仕事をする」人生を爆走するばかりでございます。
    007シャンパーニュ、うらやましい。
    あのケースがすてきですよね。
    っていうかボランジェの原稿書かなきゃ、と
    はっと我に返ったNでございましたm(__)m

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です