北日本新聞別冊「まんまる」1月号発行になりました。連載「ファッション歳時記」第17回目は、『「男らしさ」「女らしさ」が崩壊した時代における「女子力」とは』というテーマで書きました。

機会がありましたらご笑覧下さい。

Manmaru_1
年内進行のハードな仕事に加え、家庭やPTAの歳末仕事、夜は連日のパーティーやら社交で、なにやらいろんなことが追いつかないまま嵐の中で翻弄されているような日々。書きたいネタは積もっていくけど、座る間もなく次のイベントがくる。そうこうしている間に、フェイスブックではご親切なことに、「2012年のハイライト」みたいなのを、一年間の写真を使って勝手に作ってくれた。眺めていたらしみじみ感慨がこみあげてきた。

この一年ほど多くの人に会ったことはないし、この一年ほど多種類の仕事をしたこともない。ワークライフバランスってなに?ってくらい仕事とプライベートの区別がなかった。バッティングセンターに立って、多方向からとんでくるボールをとにかく返し続けてきた、というイメージかな。からぶりも多々あったけど。でも、気がついてみたら、去年の今頃の自分とはまったく別人になっている。この年になってようやく人生がスタートしたという印象。

来年は方々にちらかったボールを拾い集める方向でまいります。

2 返信
  1. Taul
    Taul says:

    この御本を拝読出来るか否かは解りませんが、とても興味深いテーマに感じました。
    ただ、「男らしさ」「女らしさ」は果たして本当に崩壊したのか?との、一抹の疑問の念も抱きました。
    拝読すればその疑念も晴れるのでしょう。
    楽しみにしております。

    返信
  2. kaori
    kaori says:

    >Taulさん、
    コメントありがとうございました。
    フェイスブックに全文を公開しています。
    よろしかったら、ご笑覧くださいませ。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です