久々のルパラン。二杯目に出してくれた「ジャックローズ」は、カルバドスとざくろのフレッシュジュースのカクテル。そういえば去年の今頃もマヤ暦最後の日の話題で盛り上がり、最後に飲むにふさわしいお酒としてカルバドスを出していただいたなあ……。一年たつのが早い。

Jack_rose_2
ヘミングウェイの「日はまた昇る」で、主人公のジェイク・バーンズが、パリのクリヨンホテルでレディ・ブレット・アシュレーを待ちながら飲んでるカクテルがこれ。ディヴォルセのブレットには男友達が多く、ジェイクはそれで苦しむことにもなる。恋にはジェラシーの苦しみがもれなくついてまいりますね。

It is awfully easy to be hard-boiled about everything in the daytime, but at night it is another thing.

「昼には万事にハードボイルドをつらぬくことは簡単だが、夜となると話は別だ」

昼バージョン、夜バージョン、どちらも真実。互いに支え合っていて、どちらを欠いてもヒューマニティの深みと高さにはたどりつけない。ただし、ごちゃごちゃ融合させることなく、すっきりすみわける清潔さがなくては愛されることはない(←キャラネタ売り路線に行っちゃうんですか?というご質問に対してのお答えになってるかな)。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です