お金がないから、という言い訳を、方々でよく聞くようになった。

「お金がないから、会えない」。「お金がないから、行けない」。

ほんとうにお金がないのかもしれない。時代が時代、いろんなケースがあるのはもちろん承知している。私だってそういうことは多々ある。でも、行動を見ていると、必ずしもそれが本当の言い訳ではないことがうすうすわかることがある。相手を傷つけずに辞退できる言い訳である場合、これほど決定的なものもないなあ。

"To recommend thrift to the poor is both grotesque and insulting. It is like advising a man who is starving to eat less."
        — Oscar Wilde,  The Soul of a Man Under Socialism (1881)

「お金がない人に倹約をすすめるのは、グロテスクでもあり侮辱でもある。飢えかけている人に、食べる量を減らせと助言するようなものだ」

       ―オスカー・ワイルド「社会主義下の人間の魂」

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です