朝日新聞3月16日(土)夕刊、 be キッズ欄。広告特集「忘れられない頁」。

放送作家、鈴木おさむさん。「己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです」―『赤めだか』立川談春「己の嫉妬と一門の元旦」

「僕はよく”嫉妬年表”を書くよう勧めていて、”いつ・誰に”嫉妬しているかを書き出してみるんです。対象が変わったら、それは自分がそいつを超えたか、もしくは、大きく差が開いたのか、とにかくライバルではなくなったということ。自分の嫉妬心を理解すると浮かび上がってくるものがあり、それは成長につながります」

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です