「サライ」5月号、発売です。連載「紳士のもの選び」第40回、漆器について書いています。機会がありましたら、ご笑覧ください。

本誌特集は「遷宮」、付録は「広重の伊勢参宮図と、豊国が描く出雲八百万の神々」、6枚セット。あいかわらず、シブイです。

「式年遷宮によって1300年間連綿と受け継がれてきた造形美が、来るべき時代の新たな表現にインスピレーションを与えるのでしょう。神宮は単に過去の姿形を複製しているのではなく、普遍的な様式を精神性や技術と共に継承しています。古儀を学び、伝えることが、次代の創造を育むことにも繋がっていると実感しています」(by 宮本史典 本誌より)

Sarai_5_1

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です