読売新聞 水曜夕刊連載「スタイル アイコン」、第9人目、ガブリエル・シャネルについて書きました。機会がありましたら、ご笑覧ください。

ワークライフバランス、成果主義、win-win などというつるんとしたビジネス用語をけちらしてしまう、自由で豪快で情熱的な生き方。孤児から大富豪へ。ヨーロッパをまたにかけた華麗なる恋愛遍歴。やはりココはあっぱれ!な女です。

「女は自分のために泣いてはダメ」(by ココ・シャネル)

ビジネス用語からの連想で。最近よく聞く「落とし込む」という言葉も、キモチワルイわ(笑)!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です