President 4.29号のマナー特集。「偉くなる人の…」というのはジャマですが(苦笑)、なかなか参考になりました。「側近が語る、名経営者のジェントルマン伝説」。椎名武雄、小林陽太郎、土光敏夫が人を惹きつけたのはなぜなのか。それぞれの快男児ぶり、貴公子ぶり、やんちゃぶりに、パーソナリティーとむすびついた強力なリーダーシップの秘密を見た気分。

President_manner_1_2

President_manner_2_2
雑誌ならではのデータにおいては、「許せないファッションランキング」、三流(女の目からは超下流)として高ポイントを獲得している態度に、「高価な時計や服を自慢する」があがっている。ほかにも厳しい現実の世間の目がよくわかる項目多数。

元CAの美月あきこ氏分析による「ファーストクラス」と「ビジネスクラス」に乗る人の違いの分析も興味深かった。ビジネスクラスの余裕のない多忙ぶりと、ファーストクラスの極上の気遣いと余裕。

ファーストクラスに共通するのは、「ペンとメモ」。「財布はシンプルな二つ折り」「靴はピカピカ、脱いだ靴は中が見えない配慮をして人目につかない位置におく」「手荷物は少ない」「機内では読書」「クレームよりほめる」「ゆずる、とりわけレディファースト」「目を見てありがとう」「ひきつける話題」「人たらし」。

ファーストクラスに実際に乗らなくても、ゆとりを感じさせながら細やかな気配りで人をあたたかな気持ちにさせる振る舞いは心がけるに値するなあ。

そのほか「初対面で相手のハートを掴む鉄則」とか「ヤバイ事態の場面別対応」とか「お礼状&おわび状のNG」とか、ヒヤっとさせられた項目も多。まだまだ、修行すべきことがたくさん…。

2 返信
  1. 極楽トンボ
    極楽トンボ says:

    中野さん:ブログ拝見いたしました。面白い内容ですね。小生も機会が有れば拝読したく思いました。文中、ファーストクラスに共通するのは「機内では読書」とありました。この事は小生も、電車に乗ると常々感じておりました。ブランド品で身を固めた女性が優先席付近だろうが、ところ構わず携帯デバイスを手にする様は、傍から見ているととても滑稽です。美しく、知的な女性は、それこそ読書でもして戴きたいもの。公衆道徳を順守する、お洒落以前の問題では無いでしょうか。

    返信
  2. kaori
    kaori says:

    >極楽トンボさま
    はいっ。耳が痛いです。他人のそんな様は滑稽だなあと眺めながらも、つい着信があるとその場でチェックしてしまいがちですね。
    今後、気をつけます。ご指摘ありがとうございました!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です