昨日から今朝にかけてのアクセス数が異様に多く、なにか間違いでもおかしたかとヒヤリとしたのだが^_^;、「原発問題とファストファッション工場問題」のことを書いた過去記事へのアクセスでした。

Yahooが関連記事として私の記事へのリンクをはっていたのは、在英ジャーナリスト木村正人さんのこの記事。バングラディッシュの縫製工場崩壊で、400人以上の方が犠牲になったという痛ましい事故に関する記事。この工場は、劣悪きわまりない環境で、1枚150円のTシャツを作っていた。

3年前の拙著「モードとエロスと資本」でもファストファッション問題は紹介していたし、2年前には原発問題にからめて、ファストファッション問題を日本のメディアが取り上げない問題も指摘していたのですが、まったく状況が変わっていないのですね。

ファッション・ヴィクテム(ファッションの犠牲者)ということばは、通常、高価なブランド品を次々に購入して経済的にも精神的にもすさんだ状態にあるファッショニスタに対して使われているが、ほんとうの意味でのヴィクテムは誰なのか。さまざまな意味でのヴィクテムをあちこちに生んでいるとしたら、その原因はどこにあるのか。

激安ファッションの裏にある、泥沼のようにずぶずぶと深く暗いからくり、今一度、目を見開いてしかと見て、考えたい。

☆関連問題を扱うサイトをまとめて紹介してあるヤフーニュース

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/bangladesh/

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です