連休明けの原稿の締め切りが大量に。今回、とりあげられなかったけれど別の機会で取り上げたいと思ったニュース記事を備忘としてまとめてメモしておきます。とりとめなくて失礼。

☆バングラディッシュで起きた縫製工場の崩壊による大惨事に対する、各社の対応を報じた記事。ニューヨークタイムズ。犠牲者が埋葬される場面の、冒頭の写真からして衝撃。「これは奴隷労働である」、というローマ教皇の言葉も。

http://www.nytimes.com/2013/05/02/business/some-retailers-rethink-their-role-in-bangladesh.html?ref=global&_r=0

☆グーグルグラス着用に関するエチケットガイドがすでに。ウォールストリートジャーナル。笑…なのだが、すぐに笑いごとではすまなくなる時がくる。

http://online.wsj.com/article/SB10001424127887323982704578453031054200120.html

☆悪夢のような「アイラブヒトラー」事件から2年。オスカー・デ・ラ・レンタのデザイナーとして働いたと報じられるガリアーノだが。ファッション業界はどうやってガリアーノを「許した」かというお話。「許す」っていったい。そんなに立派な人たちなのか業界の人たちは。

http://www.guardian.co.uk/fashion/shortcuts/2013/jan/18/fashion-forgave-john-galliano

☆最近、イイコトがあったという知人たちが、ことごとく、その出会いのきっかけは「飛行機の中」(!)だったというので驚いていたのだが。ファーストクラスやビジネスクラスの話だと思っていたが、ヴァージン・アメリカが、エコノミーの機内でのナンパのきっかけを与えるサービスを。「あの席のレディにこのドリンクを」と注文できるシステムですね。

http://www.thedailybeast.com/newsweek/2013/04/30/love-is-in-the-air-virgin-tests-a-virtual-in-flight-pickup-line.html

☆ラグジュアリー・ロー・サミットが開催される。なるほど。いまやコピー問題をはじめ、ラグジュアリーブランドが法廷で闘わなくてはいけない場面多数ですものね。コピー無法地帯になっている日本のアパレル産業も、デザイナーの権利を守るために、なんとかこの野蛮な事態を改善しましょうよ。

http://www.ihtconferences.com/luxury-law.aspx

☆ニュース記事じゃないけど、ずっと気になっていること。ブログやフェイスブックは、まったくもってセクシーではない。恋愛をとるか、SNSをとるか、究極の選択ではないかと思うことがある。使用するときは業務連絡や、仕事上のことにかぎると限定すればいいのだけれどね。

1 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です