不調で病院に行ったら「軽度の熱中症」と「過労」だそうで大量のビタミン剤を処方される。引きこもって積見していたDVDに目を通す。公開から時間が中途半端に経ったので、今さら感もある2本。まずはこれ。

Les_miserables
名優ぞろい、しかもそれぞれの歌と演技はすばらしく、見せ場たっぷり、降参しました!なのですが、このあまりにも「ど」ストレートで反論不可な「感動してください」のトーンに少し引く。

これも2012年の超話題作。

Artist

アートな一筆書きのように流麗にリズミカルに流れていく映画愛にあふれた世界。「雨に歌えば」(サイレントからトーキーへの残酷物語)などとセットで見るとまた味わい深いかもしれない。"With Pleasure!"のパンチラインが、"You haven’t heard nothing yet."(「お楽しみはこれからだ」)という「ジャズシンガー」(トーキー第一作)のセリフを連想させたりして、映画好きは同好の士と語り合いたくなってくる。

まだ観るべきDVDが大量に積みあがっている。観ないまま過ごしても生活に支障はないが、観れば確実に現実を見る「目」が細かくできていく。"You see, but you do not observe."(「見えているのに、観ていない」)はシャーロック・ホームズのセリフだけど、映画を意識的に観ておくことで少しは"observe"できるようになっていく。見える世界が違えば、出会うものも変わり、ひいては生活そのものまで変わっていくことがある。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です