一年前には考えられなかったことが加速度的に起きている。歴史を教えるためのビジュアル資料も、youtubeにだいたいそろっている。玉石混交ではあるが、うまく拾う目さえ養っておけば、貴重な資料の宝庫。大きな写真集や画集を丹念に探して、版権に注意しながらコピーして編集し、ものすごい苦労をして資料を作っていた数年前の苦労はなんだったのか。

とてもスマートで、よくできたスーツの歴史。by ミューゼアム・オブ・ロンドン。いまはこれをハイパーリンクにくっつけて、さらっと流して頭に入れていただき、その後、話を展開していけば、すんなりと理解してもらえる。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RRUOwFnKwq0

ダンディ・ムーヴメントがサブカルチュアであった、と解説しているところがいいわね。

こういう情報はだいたいフェイスブックからやってくる。専門家が、情報を精選して紹介してくれる。そこからさらに、自分の目にかなったものを選び、こんどは自分が紹介していけばいい。アウトプットしていくことで、さらにいい情報がどんどん入ってくる。

なんとありがたいと思うとともに、時間が節約された分、なにかほかの有意義なことに時間を使えているのかと考えると、かえって前よりも忙しくあわただしい日々を過ごしている気がして、愕然とする。

たまには下世話な?記事も。日本人は暑い夏になぜスーツで働いているのか?by 鴻上さま。

http://nikkan-spa.jp/462476

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です