月曜のイベントもうひとつ。レジィ―ナ・ロマンティコ南青山店で、デザイナーにして社長の阪口元美さんと、レジィーナのプレスでもありホテルジャーナリストでもある松澤壱子さんのトークショー。テーマは「リゾート」。

「運命を変える服」レジィーナを、非日常にひたるべきリゾートホテルでどのように着こなすか。関西ノリのツッコミが入りながらの、楽しい時間でした。

元美社長はロングドレスをさらっとどこでも着ていくそう。コツは、とにかく堂々と。楽しむこと。美しく装って堂々とふるまっていれば、シベリア席(笑)に案内されることもなくなる。「上品であるためには、少し野暮であったほうがいい。吉永小百合さんとか。すべてトレンドの最先端だと下品になる」。

壱子マダムによる、リゾートホテルでひいきされるコツの話も面白かった。とはいえ、壱子さんの陽気なオーラをもってすれば、世界中どこへいっても特別にひいきされるのでは、と。笑。「ファーストクラスやビジネスクラスに乗る人は、100%当てることができる。何が違うのかといえば、肌」。この話に、納得。とくに年齢を重ねてくると、肌の質感に、その人の背景があらわれる。服や小物ではごまかせない。

リゾートホテルなど何年もまったく縁がないが、つかの間の脳内旅行で「行った気分」になり。ま、ワーカホリックの私にはそれが似合ってるかも。

ゲストのみなさまがずらりとレジィーナ。女子度が濃厚すぎて、明らかに異次元になってました。

写真右が、元美さん、左が壱子さん。3人で記念写真の図。あらためて写真で見ると、なにやらすごい迫力だなあ…^_^; 

Photo_2

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です