昨日は弾丸で京都に行ってまいりました。「リシェス」連載「富の品格」のため、京都の老舗、千總(ちそう)さんに取材です。

8311_4
奢侈品製造販売の禁令がでていた第二次世界大戦中も、技術保存資格者として友禅染の着物を作り続けていた会社。

ただただ専門技術の保存のためだけの着物は、「着ることを想定されていない」。

8314_2

超絶技巧がぎっしりもりこまれた戦時中の贅沢着物は圧巻でした。それらをめぐるストーリーがまた……(T_T)

ファストファッション全盛の時代だからこそ、低きに流れず踏ん張ってほしい。詳しくは、リシェス冬号に書きます。

8315_2

長時間にわたる取材に、辛抱強く笑顔でおつきあいくださった素敵な方々。左から「千總」取締役製作本部長の磯本さん、同係長の加藤さん、中野、「リシェス」の編集、野中さん、「千總」製作本部部長の中西さんです。この写真を撮ってくださったカメラマンは内藤さん。ありがとうございました!

ソフィア・ウォリスのフォトシリーズ、Modern Dandy 。私が、「マグナカルタ」の連載で新解釈しようとしているダンディズムと相通じるところがあって、プチ興奮。

なぜ世の中はダンディズムを蔑み、ときに恐れることもあるのか。

精緻な服装術を通して、まったく新しい「ペルソナ」を創ろうとするのがダンディズム。

そのペルソナは、社会の既成の枠組み、というか、性差の役割のステレオタイプを壊すほどラディカルでなくてはならない。

ブランメル、ワイルド、アンディ・ウォーホル…。既成の秩序を覆した男たちでもあります。

この一連の写真においてはティルダ・スウィントン、グレース・ジョーンズのような両性具有系の女性も「モダン・ダンディ」の仲間入り。(ここまでくると、私の領域ではない)

3ピーススーツでばしっと決めて、なにもかも誰かが決めたルールの中に上手に納まっているという姿勢は、伝統回顧を趣味とする保守主義であって、21世紀においてはダンディとは呼ばないのです。保守主義や懐古趣味は、それはそれで素敵なので、讃えたいと思います。スーツでばっちり姿も、それがなんらかの抵抗の意の表明になっているかぎり、ダンディと呼んでいい(というのもおこがましいですが^_^;)。ただ、それと、これとは、話が別。私が積極的に意義を見出したいと思うのは、あくまで、孤独で、クールで、エレガントで、ラディカルな抵抗の態度としてのダンディズム。

ダンディズムとジェントルマンシップを、混同してはいけない。

賛否両論あるのは当然。むしろ異論が多いほうが健全。でも、こういう新解釈の動きをシンクロニシティとして感じるのは、心強いし、胸が躍るものですね。

YONKAのHPに「出演」させていただくことになり、北青山のYONKAにて対談&撮影。その後、トリートメントを受けさせていただきました。

8292

左が、YONKAを扱うヴィセラジャパン(株)社長の武藤興子さん。抜けるような美肌が製品の説得力になっています。スタッフも全員、セレブ美肌揃い。

トリートメントもきめこまやかな配慮がすばらしく、夏の疲れがことごとく癒されていくようでした。明日から、またがんばれます!(^^)!

詳しくは、後日、YONKAのホームページにて。

YONKAの製品は、上質で安心して使えるので、個人的にもかねてよりローションなど愛用。

タイトルにしたことばは、私が「美しい」と感じる女性に共通する要素です。

水が環境に応じていかようにも形を変えて、周囲を潤しながら流れていくようなイメージ。心にも身体にもたえず清らかな水が巡っていて、それが外にもにじみ出ているような。鈴木京香とか。

一か所にしがみついていたらよどんでしまう。絶えず流れてフレッシュでありながら、本質は常に同じものとして安心感を与えるような。目標でもありますね。

ずいぶん前にGQ誌で翻訳をした英文記事のなかに
Johnstons of Elgin という固有名詞がありました。カシミヤで有名なブランドですね。
締め切りぎりぎりで確認も間に合わないまま、さんざん悩んで
「ジョンストンズ・オブ・エルジン」と表記したのですが、
正しい発音は、「ジョンストンズ・オブ・エルギン」であることを、
スコットランドに旅行中のFB友が、わざわざ現地の方に聞いて教えてくださいました!

お詫びして、訂正します。
「ジ」か「ギ」か。ささやかなことですが、そんな細部にこそ信用は宿るのですよね。

ちなみに、日本代理店のサイトでは「エルガン」と表記し、楽天などの販売系サイトでは「エルジン」と表記しているところ多。

「エルギン」か「エルガン」かは、スコットランド英語をどう聞き取り、どう表記するかという感覚にかかっているでしょうか…。

書いた本人も忘れかけていたことを覚えていてくださったことも嬉しいし、
誤りを教えてくださったことにはさらに感激しました。

越智さん、ありがとうございました!
涼しいスコットランドの夏を満喫してください。
知的で優しい読者に恵まれたことに、感謝します♡

スコットランドで越智さん滞在の、St.Andrews Old Course.

Standrews_old_couse_hotel

☆朝日新聞23日付夕刊、スポーツ欄。NY米野球殿堂のジェイ・アイドルソン氏のイチロー評。

「イチローは、この野球殿堂に過去5回も来た。(中略)私が知るどの大リーガーよりも、彼は米国野球の歴史を深く知ろうとしている。彼以外にあれほど熱心に足を運んで、歴史を学ぼうとした人はいない」

「新しいことを学んだり、有名な選手のバットを握ったりしている時のイチローの笑顔や温かさを見れば、彼が歴史を感じていることは簡単に読み取れる。その姿を見るだけでも、とても温かい気持ちになる。一般の人々はここに見学しに来るけれど、彼は何かを吸収しに来ているんだ」

歴史に敬意を評して、そこから学ぼうとしている人の顔には、奥行きとあたたかさがあるのですよね。「教養」ってそういうことかもしれない。知識が断片的にたくさんあるということではなくて、その蓄積が、イマジネーションの力で、領域を超えて、現在・未来のあらゆる言動のはしばしに、おのずと生かされている、というような。

☆同、25日付求人欄、「仕事力」、岩田弘三さんの巻、「出過ぎてごらんなさい」、その4。

「人間は簡単に、自分が属する業界や居心地のいい仲間の価値観に染まります。(中略) 世の中で認められているマジョリティーの一員であることは、心地良い安心感があるでしょう。しかし、それは仕事の力が削がれていくことにもなります。とがった異分子になることが怖くなり、脳のどこかにある『挑戦』意識にふたをすることになりかねないのですね」

「スティーブ・ジョブズが残した、Think Different, Stay Hungry, Stay Foolishという言葉は、どれも異端児であれ、人とは違う道を考え抜けと私を刺激します。それは、ただとっぴであれというのとは異なります。本質を見つめつつ、常識で良しとされるような分別はやめよということではないか。どのようにささやかなことでも、『人の喜び』を自分の頭でオリジナルに追求せずして、仕事の達成はないとも言えます」

リスペクト。こういうことが大事だと声高に「言う」人は、他にもたくさんいるけれど、実際に静かに行動に移している人はどれほどいるのか。がんがん言ってるひとにかぎって、「いいね」をたくさんもらって安心してるみたいな風情が(苦笑)。ときどきはこのような実績の裏付けある言葉での励ましをもらいながら、だれの承認がなくても、群れを離れて、ひとりで淡々と行動に移していった人が生き残る。フィールグッドな言葉こそ、それを反芻することで満足せず、行動して成果を見せていかないと。いいことばっかり得々と唱えてるだけじゃバカ以下。自戒をこめて。

今日の終了予定の仕事は、力を尽くしながらも、終わらず。調べれば調べるほどでてくる資料。どこで線引きをするか、その見極めこそが重要ですね。あ~(T_T)(T_T)(T_T)

いいかげんなところで妥協したくはないし、締め切り遅れによる迷惑をかけたくはないし。ジレンマに引き裂かれそうになりながら、日々闘う。

ブログを書くのは、スポーツ選手が言うところの、「アクティブ・レスト」だと思ってください^_^;

何日か前の記事で「募集」した、アイリーン・アドラー風のドレス製作者。具体化しそうになってきました。まだ、あくまでも見込みですが。

「サンプルをお作りしましょう」と言ってくださったデザイナーに、私がそのドレスのどこがいいと思ったのかという説明をしているうちに、私が人生に何を求めてるのか、ぼんやりとわかってきました。

アイリーン・アドラーとヴェスパー・リンド。ついでに加えるなら峰不二子。わたしが「なれるものなら、なりたい」理想の女性像です。

共通点は、強くて、セクシーで、賢くて、自立していて、ミステリアスで、世間が畏れる男を支配する力と愛があること。そしてなによりも、アイリーンは、女に関心のないシャーロック・ホームズが唯一愛した女。ヴェスパーは、艶聞絶えないジェームズ・ボンドが唯一心から愛した女。不二子は怪盗を振り回し続ける唯一の女。

究極の男が、生涯にただ一人、「The Woman」と思い浮かべる女。これが理想だったんですな。アイリーンも、ヴェスパーも、不二子も、シャーロックやボンドやルパンとの関係性のなかでこそ輝く。今日、デザイナーに「着たい服」を説明しながら、はっきりとわかった。服を通して発見した自分の願望。意外としょぼかったね。笑。

8月19日。今日はガブリエル・<ココ>・シャネルの誕生日。

生誕、130周年。祝。彼女の生き方は、今なおインスピレーションに満ちています。私もたくさんのシャネルに関わる仕事をさせていただきました。書いたエッセイも数知れず。語った講義も数知れず。こんなドラマティックな生き方もある(生き方ができる)という、自由でかっこよすぎるお手本。

彼女のやり方で、いちばん見習いたいところは、「クリエイティブな公私混同」。もっとも感動するのは、70歳での復活のエピソード。

今新しいシャネルの伝記の翻訳(ぶあつい本なので超訳)、進行中です。他の多くの仕事と並行して進めているので遅れているのがほんとうに申し訳ない限りです……。がんばります。もう少し、お待ちください。

今日のタイトルに記したのは、シャネルのことば。もうひとつ、好きな言葉。「女のコケットリーには、時の流れさえ立ち止まる」。時の流れを止めるのは、永遠の課題ね(-_-;)

↓11年前に出した大型写真本の翻訳、まだコンスタントに売れ続けています。感謝。(宣伝ぽくてすみません)

こぼれネタのメモ。Word Spyの新語のなかから。

☆「パーソナリティ・スパム (Personality Spam)」

ネット上にひっきりなしに投稿される、個人の生活やご意見。(Incessant online posts and messages relating to one’s personal life and interests. )

わはは。依存症すれすれの人は、スパム扱いされないように、気をつけようね~!

☆「ソーシャル・ノットワーキング(Social Notworking)」

仕事しないで、ソーシャルネットワーキングをしていること。(Surfing a social networking site instead of working)

ネットではなくノットね。こういうの、いますね、大手の会社員で、勤務時間のはずなのに、なぜかSNSでまったく仕事と関係のないところに絡んでコメント書いたりしているヒト。雇っている会社も寛大だなあ(この会社の製品はいいかげんそうだ、買うのやめよう…)としか見えません。

☆フォーダクティビティ(Fauxductivity)

しょうもない、どうでもいいことで忙しそうにしていること。偽のプロダクティビティのことですね。(Pretending to work hard; busyness that consists of trivial or unproductive activities) 

こんなふうに言われないように気をつけよう^_^; 

今日も一日こもって原稿書き。終了予定がどんどん延びていく。書けば書くほど延びていく気がする。そうする合間にもどんどん新しい仕事が入ってくる。こんなことではいつまでたっても本をまとめる時間などつくれない。不器用極まりないと思うが、書いてくしかない。

仕事で秋冬のコートのことを調べていて、こぼれネタ。バッチくんのコートを着ていたララ・パルヴァーを思い出す。

Sherlock_coat

ベルスタッフの「ミルフォード・スタイル」。もう作ってない。ボタンホールの赤いかがりは、衣装係の一工夫によるものだそう。

「ベルグレイヴィア」の巻で、これをアイリーンを演じるララ・パルヴァーが拝借して、裸の上に着るのよね。セクシーでかっこいい。このイメージで、レディスのコートをどなたか作ってくれませんか?

Lala_pulver
どなたか作ってくれませんかのついで。忘れられないアイリーンの白いドレスが、アレクサンダー・マックイーン(デザイナーはサラ・バートン)の「イリュージョン」ボレロドレスであることが判明。とっくにシーズン落ちしているのでもう入手不可。このイメージで、どなたか私のために作ってくださいませんか?

Aileen_in_mcqueen_2

Aileen_in_macqueen_2
ブルーのアイライナーはマック、靴はルブタン、香水はショパールのカシミアだそうです。アイリーンのコスプレできる機会を妄想しつつ。Back to Work…

この秋は観たい映画が目白押し。試写状を整理したら、「ダイアナ妃」映画を筆頭に「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」「ファッションを創る男 カール・ラガーフェルド」、そんなこんなのファッション映画ばかりか、ダニー・ボイルの新作「トランス」に、ブライアン・デ・パルマの新作「パッション」、ソダバーグの「サイド・エフェクト」、そして園子温の「地獄でなぜ悪い」。

なにこの豪華すぎるラインナップは。久々に、全部観たいと血が騒ぐ。でも試写状の山以上に仕事が積み重なっていく。ありがたいことである。必要とされることは、最大の幸福である。だからこそ、これを終わらせねばどこへも行けない。贅沢な悩みで恐縮だが、どう考えても映画を観にいく時間がある気がしない。へたすると天からのギフト、アリタリア航空のチケットも期限内に使えるかどうか危なくなってきた。今日も15時間、字を書き続けてまだ終わらない。おこさまサービスの予定だった「ホテルでプール」もやむなくキャンセル。次男の怒りは「げきおこぷんぷんまる」から二段階ヒートアップして「げきおこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」とやらに進化している。ごめん。みなさまごめんなさい。全方向に謝っているうちに週末に突入。こんな時もある…。

格闘中のある記事のなかで、紹介している写真本がコレ。

200年のダンディの歴史に日本男児が二人も出てくるぞ。二人とも、当ブログに登場していたことが嬉しかったが、そのうちの一人は、一緒に写真におさまったこともある同時代人でした。それが誰かは、記事が出てからのお楽しみに。Back to work…