酷暑。たぶん外気温40度超えている。激しい雷に停電。セミの死骸があちこちに。夏は死のイメージにあふれている、と言ったのはだれだっけ。お盆であの世の人が帰ってくるし、食べ物はすぐに腐敗する。

夏とは関係ないけど、どんなに気持ちが高揚した「ニュース」でも、12時間経つとたちまち「古く」感じられてくる。これはとくにSNSで顕著だけど、「ニュースの死」が早い。

オリバー・ストーンが描く「もう一つのアメリカ史」。原爆投下は、何の脈絡もなく唐突におこなわれたわけではない。目を背けたくなる事実が淡々と描かれますが、いかなる過程や決断を経て原爆が投下されるに至ったのかがよくわかる。戦争のさなかにあっては理性も倫理もあったもんじゃない、という人間の底知れぬ恐ろしさを伝えるドキュメンタリー。50分ほどありますが、戦争がどんなものかをわかっていない次世代に伝えていきたい「もうひとつの事実」。最愛チャーチルも、これを見たら憎らしく思えてくる。

強烈だったのが、「おまえはもう死んでいると思え」というセリフ。死んでいると思えば、なんだってできるだろうというリクツ。

たとえ死んでいると思っても、戦争だけには断固反対する。のほほんとファッションなどを語れる平和ぼけがいかにありがたいことか。

平和ぼけした仕事でも、死んでいると思ってやらないと追いつかないお盆休み。

暑すぎるとへんなことが気になる。中一の次男が時折言い放つ「げきおこぷんぷんまる!」のシュールな響きが耳にこびりついて離れない。(激怒プンプン、怒りレベル3を表すギャル語なんだそう。もはや外国人だ)

2 返信
  1. たけい
    たけい says:

    残暑お見舞い申し上げます。
    オリバーストーンといえば個人的に
    「サルバトル」という内戦を題材に
    にした作品が衝撃的でした。
    観ると不快な感じがする事間違いなし
    の戦争映画です。
    ホント生きた心地がしない映画ですよ。
    それにしても暑いですね。38度を
    経験すると30度が涼しく感じます。
    お体に気をつけてお過ごしください。

    返信
  2. kaori
    kaori says:

    >たけいさん
    残暑お見舞い申し上げます。
    コメントありがとうございます。
    オリバーストーンは独特の粘着性がありますね。観るにも体力が要ります。
    「サルバトル」覚えておきます。
    体力があるときに^_^;
    たけいさんも、ご自愛くださいね。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です