読売新聞 水曜夕刊連載「スタイル アイコン」。本日は、草間彌生さんについて書きました。機会がありましたら、ご笑覧くださいませ。

Photo
出たばかりの集英社新書。これまでの草間の集大成にして初心者向け入門書。


『水玉の履歴書』より。「作って、作って、作りつづけて、その表現の中に埋没していく。それが私のいうオブリタレイト、つまり『消滅』ということなのである」

「わたしたちは水玉模様で自己の存在を忘れなければなりません。たえず前進する永遠の時の流れに委ねて、自己の存在を喪失しなければならないのです」

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です