仕事用に読んだ資料。「ミキモト装身具100年史」(ミキモト装身具)。いわゆる社史ですが、とてもわかりやすくまとまっていて、「装身具」という贅沢品の扱いから見た日本の歩みがよくわかり感動。

Mikimoto_book

こちらも社史。「ルイ・ヴィトン 華麗なる歴史 モダンラグジュアリーの誕生」(ポール・ジェラール・パソル)。500ページ越えの、写真豊富な大著。

Vuitton_1_2
安定感のある「ブランド」はやはり自社の歴史をきちんと残すことにそれなりに投資している。

奇しくも、マーク・ジェイコブズがヴィトンのデザイナーを去るというニュース。刻々と歴史は変わっていく。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です