三越伊勢丹グループの紳士服販売・営業担当の社員の方々を対象にした研修にて、「スーツの歴史とパーツをめぐるストーリー」をテーマにレクチャーをさせていただきました。今年で5年目?くらい。

現場の「お買い場」(お客様の立場に立てば売り場とは呼ばない)で日々奮闘していらっしゃる方々だからこその熱気と真剣さを前に、毎年気が引き締まります。こういう知識の需要が細々とでもあり続けるということに感謝。

また、歴史の話だからこそ、日々変わっていくスーツ事情にも目配りをしておかなくては。今年は10月の丸井さんとの連携講座でスーツを見る目が少し変わりました。テレビドラマSUITSにもスーツの最新型の魅力を教えられました。現在が更新されると、過去の見え方が変わってきますね。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です